ワクチン接種後の身体…

新型コロナウイルスのワクチンを摂取された方の身体に施術をさせて頂く機会があり、その時の体験から、摂取後に起きる身体の変化を想像してみました。
また、自分自身もモデルナ社製ワクチンを接種[2021/8/15二回目終了]した体験を基に追記等いたします。

まず、私の施術中の特徴として、身体を触れた時に鈍痛を伴う「ビリビリ」「ジーン」といった箇所を感じ取ることがあります。
これまで体験をしてきた中で、これは"電磁波"の集中している場所だと結論付けております。
つまり、私が施術で身体に手を触れると、施術を受けられている方から私に向けて電磁波を放出されているのだと考えております。
その電磁波は私の中に溜まってしまい、体調不良につながっていたことも分かり、予防の為に電磁波除去のアイテムを手指などにつけて施術をしております。
その方策によって「ビリビリ」や「ジーン」にはほとんど鈍痛が無くなりました。
また、私の手の感覚として皆さんと少し違う熱センサーを持っております。

ある日、ワクチンを終えて3日後くらい経った方のお身体に施術する機会がありました。
毎週のように来てくださっている方で、今では「ジーン」をほとんど感じる事もありません。
しかし、ワクチン接種後の身体は一変しており、注射した側の左肩に手を置いた瞬間、思わず「痛い!」と声が出てしまう程の突き刺すような痛みが私の左手のひらに来ました。
そしてその痛みは数日間抜けませんでした。
その方は左肩が数日痛くて上げられず、また寝返りも出来い副反応が起きておられたそうです。

この体験から考えたワクチンによる変化は次のとおりです。
①ワクチンでアナフィラキシーが起きたとの報告がある
 ⇒ワクチンはアレルゲン
②電磁波の除去を目的に使用しているアイテムは元々アトピーの治療用具である
 ⇒アレルギーの原因として電磁波が大きいな要因である
 ⇒ワクチンが身体に入ると強力な電磁波が溜まる
③電磁波で起こる身体の変化
 ⇒脳のオーバーヒート(ヒートブレイン)が急激に強くなる
④ヒートブレインによって脳の圧が強まる
 ⇒気持ち悪いなど熱中症と同じ症状が出る
⑤電磁波=熱が伴う⇒筋肉に強力な熱がたまり筋肉痛が起こる

[実際に触った感覚として…]
・ワクチン摂取後間もなくだと
 ワクチンを打った側の脇の下から指先まで「ジーン」と強く感じます。
 また、脇の下から脇腹にかけての強い熱感を感じます。
・ワクチン摂取後5日くらい経つと
 ワクチンを打った側の脇の下の奥の方に「ジーン」と強く感じ、熱感は弱いのを感じます。
 腕の狭い範囲に弱い「ジーン」を感じます。

ワクチン摂取後の身体の副反応はそれぞれですが、とんでもない量の電磁波とともに薬液がが溜まっていることは共通しているのだと思います。

[対処方法は…]
とりあえずワクチンを打った側の脇の下を早急に冷やすこと、そして熱中症対策の強化は必須でしょう。
あとは電磁波除去グッズをお持ちであれば、それをワクチンを打った腕に付けると更によろしいかと思います。
ワクチン接種後2週間経過した日、突然ワクチンを打った左腕に青あざや熱感、痛み違和感を感じました。
ワクチン接種数日で何らかの副反応は消えても、引き続きワクチン接種部位では抗体の生産は行われているのではないかと思います。
上記対策は二回目接種後少なくとも2週間は継続されることをおススメいたします。

ご参考まで…

2021年07月01日