”アクセプタブルセラピー”とは

 

アクセプタブル
日本語で、「受諾できる、満足な、けっこうな、喜ばれる、容認できる」と訳されます。

アクセプタブルセラピーによる施術は、身体自身が納得して自らの意思で筋肉を正常な状態に戻すことを目的とし、カイロプラクティックなどの様なテクニックにこだわりを持っておりません。
アクセプタブルセラピーは、筋肉を押してほぐすと言うよりも、筋肉(関節)を正しい位置、正しい長さに戻してあげることで、その状態を身体が受け入れ、自ら固くなった部分を解放してくれるように誘導します。
”アクセプタブルセラピー”は、独自理論で習得した施術方法です。

“ほとんどの筋肉は正常な位置にない”

筋肉は”エンゼルプログラム”によっては一定の捻じれを作り、固まってしまいます。
ほとんどの筋肉は、付着する部分の骨を軸にして回転してしまいます
一例を挙げると、腕の力こぶを作る筋肉(上腕二頭筋)が回転した結果、二の腕の筋肉(上腕三頭筋)の所まで移動します。そして脇の下の肩の付け根でまとまって固まっています。
そのような環境の中、力を込めて動作をしてしまうと、本来の場所にない筋肉は十分な筋力を発揮することができません。
その筋力不足を補うため、周りの本来の作用ではない筋肉まで巻き込んでしまいます。
それが長い時間続くと、巻き込まれた筋肉の方が参ってしまい、動かしている関節ではなく、他の関節に痛みなど様々な症状を現してしまいます。
痛い箇所以外に原因がある」と多くの施術者が言われますが、これがその理由だと考えております。
痛い部分の関節周囲は、遠くにある筋肉の不調に巻き込まれ、その巻き込みに堪える為に凝り固まっている可能性が高いのです。
その凝りを無理に押したり引いたり伸ばしたりしたところで、根本的な解決には至りません。
アクセプタブルセラピーは、根本的な部分を身体が教えてくれるように誘導し、根本的な部分にアプローチしながら行います。
身体が安心して自らほぐれてくれる環境作りこそが、アクセプタブルセラピーの本質です。