ブログ

 

ブログ一覧

新型コロナウイルス

身体は交感神経と副交感神経の優位性の切り替えを季節ごとに行います。
冬場は交感神経が優位に、夏場は副交感神経が優位になります。
その切り替えはおそらく、秋分の日と春分の日から数か月かけて行われ、冬は12月末の冬至に冬の身体が完成し、夏は6月末の夏至に夏の身体が完成します。

自律神経は免疫をコントロールするうえでとても重要なポジションを担っており、自律神経の優位性によってウイルスと細菌に対する強弱を持ちます。
冬場:細菌に強く、ウイルスに弱い
夏場:ウイルスに強く、細菌に弱い

以上を踏まえ、新型コロナウイルスの流行、重症化、死亡者数の動向に照らし合わせると、免疫活動の強弱との関係性が納得できます。

春分の日を境にした数か月間
春から夏にかけての流行では、3月末から副交感神経が優位に切り替わり、節季を経過するごとに少しずつウイルスに対する免疫が強くなりました。
なので、重症化や死亡者は5月以降少しずつ減少傾向になりました。
これによって、夏場に新型コロナウイルスが弱毒化したように勘違いされ、新型コロナウイルス感染は、"ただの風邪をひいただけ"と表現する人も出てきてしまいました。
ただの風邪で診療に当たられた医師が亡くなりますか?
正しく恐れろはずが、間違って恐れなくなってしまったのが今年の夏でした。

秋分の日を境にした数か月間
秋から冬にかけて、感染者数は全国的に色々な面で幅広く大流行されました。
9月末から交感神経が優位に切り替わり、節季を経過するごとに少しずつウイルスに対する免疫が弱まってきました。
夏場に対ウイルス強度が100%として、節季ごとに秋分90%、寒露80%、霜降70%、立冬60%、小雪50%、大雪40%、冬至~啓蟄30%
と推測しております。これはあくまで健康な人の話です。
徐々に重症者、死亡者数が増えているのは、身体の免疫の強弱が変わった為と考えます。
この考えによると、残念ながら、来春まで免疫の強弱は変わりません。
12月から3月までの間に今年の春よりもひどい状況が来るかも…

頼みの綱はワクチンしかない…接種できるようになるまでは、各々の判断で色々な活動を控えるのが良いのだろうと思います。

目の防護についてツイッターで時々訴えておりますが、何ら影響力もない人間なので…

改めて、マスクついでに、目の防護⇒ゴーグルがベスト、最低メガネ装着
"うがい、手洗い、メガネ洗い"
普及はしないと思いますが…

2020年12月02日

ナトリウム過剰=高血圧は…

ナトリウム=高血圧のイメージが強く、敵視されている方も多いのではないでしょうか。

私は逆にナトリウムが予想以上に足りない為に色々なつらさを出していると考えております。
血圧を上げてでもナトリウムの再吸収を促して確保したいという、身体の訴えを無視した結果が、高血圧に至っている…
そんな考え方もありのように思います。

お医者さんがテレビで血圧に悪いから減塩の食事をとる。
反面、熱中症予防で塩分をとりましょうとテレビで言う…
この矛盾は何とも思わないのでしょうか?

高血圧の薬を飲み始めて腰が痛いなどどこかの関節が痛み始めた人は多いのでは?

水と塩は人の身体の基本です。

ナトリウム不足が様々なつらさを生んでいる可能性があると、念のため皆さんに警鐘をさせていただきます…

2019年08月14日

皆さんの腕は…

固定電話の電話機と受話器をつなぐコードは、直しても直しても捻じれてしまう…
そんな経験をされたことがある人は多いのではないでしょうか。
コードレス化が進んで、それを知らない人も多いかもしれませんが。

実は、皆さんの腕もその電話機のコードのように捻じれています。
イメージとしては、骨の周りに筋肉がグルグルと回転して巻き付いている感じです。
そして電話機のコードの捻じれのように、治しても治してもまた捻じれてしまいます。
電話機ならジャックを外せば簡単にほどけますが、人の身体は腕を外せないので簡単にはほどけません。

ほどかなければどうなるか。
捻じれはどんどん蓄積して行きます。
その結果、
肩がちぎれるように締め付けられて痛い…
肘、手首、指が痛い…
手のしびれがとれない…
手に力が入らない…
指が捻じれたように変形した…などなど
また、腕の筋肉と関係する内臓(胃、肝臓、膵臓、肺など)にまで影響が出る可能性もあります。

蓄積はいつの日か爆発するかもしれません…
その日が来ないように小まめにほどいて楽に過ごしましょう。

参考までに…
当院では、全身に起きたそのような捻じれをほどくような施術を行っております。

2019年07月25日

隠れ熱中症(ヒートブレイン)

冬の寒い時期に熱中症と言われても、全くピンと来ないと思います。
寒くて汗もかかないし…
でも、今、皆さんの頭の中(脳)は熱によって大変な思いをしている可能性があります。
脳が熱くなってしまう症状ですので”ヒートブレイン”などと名付けてしまうのが良いのかもしれません。
※ちなみに名付け親は実の姉です。

どの様にして熱をためてしまうのか、自分の身体で考えてみました。
※あくまでも予測の話です。
体温が夏よりも低く、寒さをより感じてしまうため、ヒートテックなどの服を着こんで身体を温め、さらに室内をヒーターなどで温めてしまうことが隠れ熱中症を引き起こしているのではないかと考えます。
環境的には、夏場とあまりかわりない状態を作ってしまいます。

しかし、体温的には低く身体は汗をかく必要がないため、脳に熱がこもってしまいます。
経口補水液を摂取する機会がかなり減って、身体はどんどん水分を失い、脱水(脱電解質)を引き起こします。

脳がちょっと問題を起こす訳ですから、症状はどんなものでも可能性があります。
頭痛、吐き気、めまい、耳鳴り、胃腸の不調(消化不良、便秘など)、腰痛、足のつり等々
ちなみに、わたしの場合は消化不良が主につらい症状です。
(経口補水液を飲むと消化が始まります。)

私の体温は35度台まで下がってしまいました。
今年は一段と寒く感じていた理由が低体温でした。
頭はいつも熱をもっております。
体温を作るのはほとんどが筋肉です。
主に呼吸運動で体温維持しているのではないかと、勝手に推測しております。
私の肋骨の下の方は変にねじれてカチカチになっておりました。
今年は特に運動不足でしたので…
良い呼吸をできていませんでした。
運動をして汗をかくことは、体温維持にとってとても必要なことだと思います。

対策は、①頭を時々アイスノンなどで冷やすこと、②経口補水液を飲むこと、③運動をして汗をかくことです。

来年は体温を上げる方法を模索しながら、皆さんの身体にも良い効果がありそうなものがあれば、小まめにアップして行きます。
とりあえず今、最大のおススメは以前もおススメした”ゼロトレ”です。
代謝アップ=体温アップ
これが現時点でのマイベストです。

2018年12月29日

気圧の変化と自律神経

冬の方が夏よりも気圧が高いことを皆さんはご存知ですか?
天気予報で良く高気圧という言葉を耳にしていたためか、私はずっと逆だと勘違いしておりました。
実際に気象庁のデータを見させて頂き、月別の仙台の平均気圧を計算してみました。
今年の8月1カ月の平均は1004hPaで2月は1012hPaと、やはり冬の方が高いようです。

この気圧の変化と自律神経は密接に関係があります。
気圧が高い時には交感神経が優位の身体になり、気圧が低い時には副交感神経が優位な身体に変化します。

ちょうど今頃、身体の中で自律神経の切り替え作業が行われております。
今の季節ですと、副交感神経優位から交感神経優位への切り替えの時期です。

最近、体調が優れないなどの体調の変化がある方は、その切り替えの為の身体の準備が整っていないからと考えられます。

実際、私自身はこの数週間、便秘に悩まされ、先週は動悸があったりととても体調が優れませんでした。

交感神経は背骨と腰骨の一部から出ています。
最近の寒さで肩甲骨周りが固まり、噛みしめが強くなり顎関節周りが固まって、頭の位置がより前に出た猫背の姿勢が簡単に出来上がってしまいます。
これは、暑さから寒さへの切り替えでやむを得ず作られてしまうものです。

その背中の環境では、交感神経が上手く作動しないため、優位性の切り替えが出来ずに体調不良を招くのではないかと考えております。

身体のバランスを整えることが一番の対策だと思います。
自律神経の仕業ですから、様々な不調が予測されます。
不調をお持ちの方、是非ご相談ください。

ちなみに、私は、経口補水液とゼロトレで何とか不調を脱したように思います。

2018年10月30日
» 続きを読む